多くのメーカーから販売されているコルクマットの比較です。

多くのメーカーから販売されているコルクマットの比較です。特徴・比較

コルクマットはクッション性、弾力性が高く、赤ちゃんやペット、高齢者にやさしいジョイントマットです。 汚れても一部分だけ交換でき、簡単に掃除が出来ます。滑り止め対策、怪我予防、防音対策、防寒対策、ダニ予防に大変おすすめです。 「やさしいコルクマット」なら床暖房にも対応しています。 厚みのある大判サイズも人気です。

スポンサーリンク
コルクマットとアレルギー

誰にも教えたくない大判サイズのコルクマットの3つのメリット

コルクマットの大判サイズは、厚みがあるので、防音効果が高く、転倒時の衝撃をより吸収してくれます。寒さ対策にも効果的です。ほかにも、大判サイズのコルクマットは、床に敷く作業が楽だったり、部屋スッキリみえたりと、多くのメリットがあります。
2020.09.21
コルクマットと子育て

コルクマットはすぐれた7つの魅力のEVA素材を使っている

コルクマットに使っているEVA素材は優れた7つ魅力があります。チューイングカムに使っている材料で赤ちゃんが間違って口に入れても無害です。ダイオキシンも発生しないので地球にやさしいく防音対策、防寒対策、ダニ対策に大変有効な魅力を持っています。
2020.09.22
blankコルクマットの効果

マジ!?こんなに違うコルクマットのクッション素材の性能

ニトリのコルクマットの裏の素材はポリエステル素材です。ポリエステル素材は日光に弱いため明るい部屋で使用すると寿命が短くなる可能性があります。裏にEVA素材を使ったコルマットがおすすめです。EVA素材は日光にも、強く弾力性もクッション性も高いです。
2020.09.21
blankコルクマットとアレルギー

普通のコルクマットとは少し違う「やさしいコルクマット」とは?

「やさしいコルクマット」は、販売実績200万セットを突破した大ヒットシリーズのジョイントマットです。夏は涼しく冬は暖かく防音、防水、防火、防寒、転倒予防、怪我予防、ダニ予防、省エネ対策に有効で家族が笑顔になる生活環境を作ることができます。
2020.09.22
blankコルクマットとアレルギー

話題のニトリで買える人気のコルクマットの4つの特徴

ニトリのコルクマットは安価で別の大きさのマットを混ぜて一緒に使えるなどメリットがあります。しかしデメリットもあります。メリットデメリットを比較し、防音対策、怪我対策、寒さ対策、ダニ対策など目的とする用途に一番あったマットを選択をしましょう。
2020.09.21
blankコルクマットとアレルギー

知っておくべきコルクマットの5つのデメリットと解決策

コルクマットは、表に天然素材のコルクを使用したジョイントマットです。掃除が簡単で衛生的、防音効果、断熱効果が高い、ダニ予防にも効果的など多くのメリットがあります。しかし、いくつかのデメリットもありますが工夫すれば減らすことも可能です。
2020.09.22
blankコルクマットの効果

注目!!コルクマットとジョイントマットの違い

「やさしいコルクマット」はジグソーパズルのように組合せて敷くジョイント式のマットです。「やさしいジョイントマット」もジョイント式のマットです。どちらも優れた機能・性能をもっています。双方のマットのバリエーションや機能や性能を比較しました。
2020.09.22
blankコルクマットとアレルギー

サプライズ「コルクマット」が赤ちゃんをケガから守る4つ理由

赤ちゃんに優しい部屋作りにコルクマットは大変おすすめです。もしも転倒しても弾力性が高いので、クッションの代わりになって怪我から守ってくれます。防音、ダニ予防、寒さ対策、カビ予防、など多くの予防対策に有効で、清潔できれいな部屋作りができます。
2020.09.21
blankコルクマットの効果

ニトリのコルクマットとカインズのジョイントマットの違いとは?

コルクマットは防音対策、防寒対策、怪我予防、ダニ対策などの色々な対策に有効で大変人気があります。カインズで販売している表にコルクシートを使ったジョイントマットはニトリのコルクマットと非常に似た特徴をもっています。
2020.09.21
blankコルクマットとアレルギー

知らなきゃ損ありえないコルクマットの11のメリット

コルクマットを敷くメリットは、防音対策、床の傷防止、転倒時の怪我予防、寒さ対策など色々あります。水で丸洗いが可能で大変衛生的です。清潔な部屋の環境を維持できるので、赤ちゃん、小さな子供、高齢者がいる家庭には大変おすすめのジョイントマットです。
2020.09.22
blankコルクマットの効果

注目!お部屋のおしゃれ度アップおすすめコルクマット10選の比較

コルクマットは色々なメーカーから販売されています。厚みが20㎜のマットや大きさが60㎝×60㎝の超大判のモノまで色々です。コルクの粒も大粒のモノや小粒のモノがあります。用途や使う部屋、好みなどをよく検討しコルクマットを選ぶ必要があります。
2020.09.17
スポンサーリンク