マジ!?こんなに違うコルクマットのクッション素材の性能

卵

マジ!?こんなに違うコルクマットのクッション素材の性能

コルクマットは、色々なメーカーが販売しています。

色々あるコルクマットですが、すべて同じ素材(材料)を、使っているわけでは、ありません。

表のコルクシートは、大粒のコルクと、小粒のコルクを使っている、マットがあります。

裏の素材も、EVA素材、とポリエチレン素材の、2種類のマットがあります。

ここでは、裏の素材の違いで、コルクマットを、グループ分けして、それぞれの特徴、メリット、デメリットを説明します。

コルクマットを裏面の素材でグループ分けする

サンダル

コルクマットの裏の素材は、おもにEVA素材ポリエステル素材があります。

素材でグループ分けすると次の表のようになります。

素材メーカー
EVA素材やさしいコルクマット
コーナン
くらしメーカー
ナガシオ
アジア工房
ロイヤル通販
モダンデコ
ポリエチレン素材ニトリ
タンスのゲン
ガレージコレクション

EVA素材を使っているコルクマットが多いですね。

ニトリのコルクマットは、ポリエチレン素材を使っています。

EVA素材ポリエチレン素材のそれぞれの特徴を説明します。

コルクマットの素材とは?

ヨガマット
インターネットにて、コルクマットで、使っている、裏の素材を、調べてみると、

  EVA
  EVA素材
  EVA樹脂
  EVA樹脂素材
  ポリエチレン
  ポリエチレン素材
  ポリエチレン樹脂
  ポリエチレン樹脂素材

など色々です。

「素材」いう言葉が付いていたり、「樹脂」が付いていたり、「樹脂素材」が付いていたりします。

「素材」とは、元になる材料とか原料や原材料の事です。

「樹脂素材」だと、樹脂を材料にした、何かの材料という事です。

どれが正しくて、どれが間違いという事ではなく、色々あって混乱するので、ここでは「素材」と「樹脂」を使います。

「素材」と付いているのは、コルクマットの、裏の材料そのモノの事です。

「樹脂」と付いているのは、裏の素材を、作るのに使っている材料の事です。

「樹脂素材」は使いません。

コルクマットの、裏の素材は、発砲スチロールと似ています。

これは、合成樹脂をアワ状にして、固めたものです。

合成樹脂を、アワ状にして固めたものを、専門用語で、「発砲プラスチック」とか「プラスチックフォーム」と言います。

コルクマットでは、発砲プラスチックに、使う合成樹脂に、ポリエチレン樹脂と、EVA樹脂があります。

EVA樹脂を、発砲プラスチックの材料に、使った素材を、ここでは、EVA素材という事にします。

ポリエチレン樹脂を、使った素材を、ポリエチレン素材という事にします。

「EVA素材を使っているコルクマット」は、詳しく言うと、「EVA樹脂を材料にして作った、発砲プラスチックを使っているコルクマット」となります。

「ポリエチレン素材を使っているコルクマット」は、詳しく言うと、「ポリエチレン樹脂を材料にして作った、発砲プラスチックを使っているコルクマット」となります。

同じ発砲プラスチックですが、使っている材料がEVA樹脂と、ポリエチレン樹脂と、違う合成樹脂なので、性能や、特徴が、違っています。

EVA樹脂ポリエチレン樹脂の違いが、コルクマットの、性能や特徴の違いに、大きく関係します。

コルクマットで使っているEVA素材の特徴

青いクロックス

コルクマットに使われているEVA素材の7つの特徴」で詳しく説明していますが、EVA素材には、以下の特徴があります。

  • 燃やしてもダイオキシンが発生しないので環境にやさしい
  • 柔らかく弾力性がある
  • 低温に強いので寒い冬の時期でも柔らかく弾力性を保つ
  • 非常に軽い、水より軽いので水に浮く
  • 水に強いので、水に溶けない。アルコールにも強く溶けない
  • 環境ホルモンを含んでいないので、口に入れても害がない
  • 日光を浴び続けても変色しにくい

EVA樹脂には、以下の特徴があります。

  • ポリエチレンより柔らかく弾力性がある
  • 燃やしても有害物質ダイオキシンを発生しない
  • 寒い場所でも固くならず、弾力性を維持する
  • 比重が小さく、非常に軽い
  • 水に強いので、水に溶けない。アルコールにも強く溶けない
  • 環境ホルモンが入っていないので、口に入れても無害
  • 日光を浴び続けても変色しにくい

EVA樹脂は、非常に優れていますが、少々値段が高いのと、酸に弱い欠点があります。
EVA樹脂が、非常に優れた特徴があるので、EVA素材も非常に優れています。

そのため、EVA素材を、使ったコルクマットは、非常に、優れた特徴を、持っています。

ポリエチレン素材の特徴

ペットボトル

ニトリのコルクマットの、裏面で使用しているのが、このポリエチレン素材です。

このポリエチレン素材には、以下の特徴があります。

  • 安い
  • 水、アルコール、酸、アルカリに強いので変形したり変色しない
  • 燃やしてもダイオキシンが発生しない
  • 環境ホルモンを含んでいないので、口に入れても害がない
  • 軽い
  • 柔らかく弾力性がある
  • 低温でも柔らかく弾力性を保つ

ポリエチレン素材の、材料のポリエチレン樹脂は、通称PEと呼ばれています。

ポリエチレン樹脂は、世界でもっと多く生産さてれいる、合成樹脂の一種です。

合成樹脂のなかで最も原価が安く、加工がしやすい材料です。

生鮮食品のラップ、緩衝材のプチプチ、コンビニやスーパーのレジ袋などが、ポリエチレン樹脂を使っています。

また、プラスチックのバケツや、プラスチックの洗面器の多くにも、使われています。

ポリエチレン樹脂は、1941年にイギリスで製造方法が発見され、1948年に市場に登場しました。

以下のような特徴があります。

  • 原料価格が安い
  • 水、アルコール、酸、アルカリに強いので変形したり変色しない
  • 燃やしてもダイオキシンが発生しない
  • 環境ホルモンを含んでいないので、口に入れても害がない
  • 軽い
  • 柔らかく弾力性がある
  • 低温でも柔らかく弾力性を保つ

ポリエチレン樹脂を使った、ポリエチレン素材も非常に優れています。

全体的にEVA素材と、よく似た特徴があります。

特に価格がEVA素材より安いです。

EVA素材を使ったコルクマットと、ポリエチレン樹脂をマットを、比較した表が以下です。

ポリエチレン素材EVA素材
価格×
やわらかさ×
弾力性×
低温でのやわらかさ×
日光に対する強さ×
酸に対する強さ×
アルカリに対する強さ×

EVA素材は、ポリエチレン素材より、やわかかく、弾力があります。

低い温度でも、やわらかさと弾力の良さを、たもちます。

ポリエチレン素材を使ったコルクマットは、EVA素材のコルクマットより日光に対して弱いです。

リビングなどの、日の当たる明るい部屋で、長期間使った場合、ポリエチレン素材のコルクマットの方が、寿命が短い、可能性があります。

まとめ

まとめ

コルクマットの裏に使っている素材には、EVA素材と、ポリエチレン素材と2種類あります。

それぞれの特徴などを説明しました。

ポリエチレン素材を使っているニトリのコルクマットは、価格は安いですが、柔らかさや、弾力性が、EVA素材のコルクマットより劣っています。

防音対策などを考えると、EVA素材のコルクマットほうが、有利だと思います。

価格だけで、決めるてしまうと、後で後悔する、可能性もあります。

使う場所や、用途をよく考え、選ぶ必要があります。


送料無料
やさしいコルクマット
購入バナー

コメント