注目!!コルクマットとジョイントマットの違い

スポンサーリンク

土星

注目!!コルクマットとジョイントマットの違い

コルクマットは、クッション材に、コルクシートを、貼り付けた、ジョイント式のマットです。

ジョイン式のマットには、クッション材だけの、ジョイントマットがあります。

ここでは、コルクマットとジョイントマットを比較し、それぞれのメリットを説明します。

どちらのマットも多くのメーカーから販売されています。

それぞれ10社以上から販売されていると思います。

それで、ここでは、「やさしいコルクマット」と「やさしいジョイントマット」に絞って比較します。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

スポンサーリンク

バリエーションの比較

バリエーション
「やさしいコルクマット」も「やさしいジョイントマット」も、大きさや、厚みなど、何種類かの、バリエーションがあります。

「やさしいジョイントマット」に至っては、色も豊富にあります。

それぞれの種類について説明します。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

やさしいコルクマットの種類

やさしいコルクマット
やさしいコルクマットは、通常のサイズと、大きな大判サイズの2種類があります。

通常のサイズは、大きさが縦が30㎝、横が30㎝の正方形で、厚みが8㎜です。

大判サイズは、大きさが縦が45㎝、横が45㎝の同じく正方形です。

こちらは、厚みが11㎜と厚めです。

サイズ厚み
通常サイズ30㎝30㎝8㎜
大判サイズ45㎝45㎝11㎜

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

やさしいジョイントマットの種類

やさしいジョイントマット
やさしいジョイントマットは、サイズや色が、やさしいコルクマットより、種類が豊富です。

大きさは、普通のサイズと、大きな大判サイズがあります。

大判サイズに関しては、厚みが12㎜と20㎜のマットがあります。

大判サイズと区別するために、ここでは、厚さ20㎜のマットは、大判サイズ(極厚)と呼びます。

blankblank

やさしいジョイントマットの大きさ

やさしいジョイントマットは、通常サイズの大きさが、縦が30㎝、横が30㎝で、厚みが12㎜です。

大判サイズは、大きさが、縦が60㎝、横が60㎝で、厚みが12㎜です。

大判サイズ(極厚)は、大きさが、大判サイズと同じ、縦が60㎝、横が60㎝で、厚みが20㎜と、倍近い厚みになっています。

表にまとめると次のようになります。

サイズ厚み
通常サイズ30㎝30㎝12㎜
大判サイズ60㎝60㎝12㎜
大判サイズ(極厚タイプ)20㎜
blankblank

やさしいジョイントマットの色

やさしいジョイントマットは、色も豊富な種類があります。

通常サイズと大判サイズは、パープル、イエロー、オレンジ、ミント、ベージュ、ブラウン、ピンク、ホワイト、ブラック、畳、ホワイトウッド、ナチュラルウッド、ダークウッドの13種類です。

大判サイズ(極厚)は、オレンジ、ミント、ベージュ、ブラウン、ホワイト、ブラック、畳、ホワイトウッド、ナチュラルウッド、ダークウッドの10種類です。

やさしいジョイントマットの色

表にまとめると、次のようになります。

通常サイズ大判サイズ大判サイズ(極厚)
パープル×
イエロー×
オレンジ
ミント
ベージュ
ブラウン
ピンク×
ホワイト
ブラック
ホワイトウッド
ナチュラルウッド
ダークウッド

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

バリエーションの豊富さならやさしいジョイントマット

デメリット
やさしいコルクマットの色は、コルク色のみで、色を選ぶことはできません。

それに比べて、やさしいジョイントマットは、豊富な色が用意されています。

インテリアに合わせて、床の色を変える事ができます。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


無料実地調査に加えて、アンケートに答えるだけで今なら5,000円もらえます!blank

肌触りの比較

ヨガマット
やさしいコルクマットは、表にコルクシートを、使っているので、コルクのサラッとした肌触りです。

やさしいジョイントマットは、ヨガなどで使う、ヨガマットの肌触りです。

汗をかいた肌で、触れると、少しべたついた、感じになると、思います。

両マットは、クッション素材に、EVA素材を、使っています。

やさしいコルクマットは、コルクシートを表に貼り付けています。

やさしいジョイントマットは、EVA素材そのものの、肌触りです。

素材が樹脂ですので、殆ど水分を吸収しないため、少しべた付いた感じになります。

肌触りがやわらかいのは、やさしいジョイントマットです。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

厚いマットは、防音効果が高い

工事現場
床に、コップやオモチャなど、モノを落とした衝撃は、振動となって、階下に響きます。

歩いたり、走ったり、飛び跳ねたりしても、振動が発生します。

それらの振動は、階下への騒音となります。

やさしいコルクマットも、やさしいジョイントマットも、衝撃を、吸収し、やわらげます。

和らげてくれるので、階下へ響く、振動を減らし、防音対策ができます。

振動だけではなく、音そのものも、吸収します。

そうした防音対策は、薄いマットより、厚いマットの方が、衝撃を多く、吸収するので、効果が高いです。

やさしいジョイントマットには、厚みが、20㎜の極厚タイプが、あります。

他のマットの、2倍近い厚みがあるので、その分防音効果に、優れています。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

断熱効果が、高いのは、厚いマット

水のゲンコツと炎のゲンコツ
寒い冬の、フローリングの床は、大変冷たく、直接触ると、ヒヤッとします。

床から、伝わる冷気も、とても冷たいです。

やさしいジョイントマットや、やさしいコルクマットを、床に敷けば、直接床に触れる事は、なくなります。

冬、冷たい床で、ヒヤッとすることを、防げます。

両マットは、断熱効果が高いので、床からの冷気も、防ぎます。

冷気を防ぐには、厚いマットの方が、床から距離がある分、有利です。

EVA素材の、内部には、細かい穴が、無数にあります。

その穴の空気によって、冷気を、シャットアウトします。

厚いマットは、薄いマットより、多くの空気を、内部にためているので、より冷気をシャットアウトします。

断熱効果は、やさしいジョイントマットの、大判タイプ(極厚)が、優れています。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

転倒時の衝撃を、和らげるのは、厚いマット

転倒
硬くて滑りやすい、フローリングの床は、赤ちゃんや、小さな子供、高齢者、ペットには、とても危険です。

もしも転倒した場合、大きな怪我へと、つながります。

EVA素材は、ジョギングシューズの靴底などに、使わている、クッション性、弾力性の、優れた素材です。

どちらのマットも、EVA素材を使っているので、転倒時の衝撃を、吸収し、やわらげます。

衝撃を、吸収するのも、厚いマットの方が、優れています。

やはり、やさしいジョイントの、大判タイプ(極厚)が、より多く、衝撃を吸収します。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

まとめ

blank
やさしいジョイントマットと、やさしいコルクマットの、比較を行いました。

両マットは、ジョイント式なので、はずして掃除ができたり、交換ができます。

水洗いも可能なので、衛生的です。

防音効果、断熱効果、怪我防止などには、やさしいジョイントマットの大判サイズ(極厚)が、優れています。

でも、横60㎝、縦60㎝と大きいので、狭い部屋や、いびつなレイアウトの部屋には、不向きかも、知れません。

色が豊富なところも、やさしいジョイントマットが、優れています。

ダニ対策では、天然の防虫成分を、含んでいる、やさしいコルクマットが、優れています。

肌触りも、好みもありますが、やさしいコルクマットが、良いです。

大きなマットが必要なのか? 薄いマットが良いのか? 小さなマットが便利なのか?など、使用する場所や、用途によって、変わってきます。

使用目的などを、良く検討し、後悔しないように、最適なマットを、選ぶ必要があります。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓

コメント