部屋でのフィットネスにコルクマットがおすすめの3つのメリット

スポンサーリンク

ダンベル

部屋でのフィットネスにコルクマットがおすすめの3つのメリット

健康のために、ダイエットを行っている人は、多いです。

方法は、食事制限をしたり、筋トレをしたり、ヨガ、エアロビクス、ジョギング、水泳など色々です。

リバウンドを気にして、ダイエットに運動を、取り入れたりします。

屋外やスポーツジムなどで、運動を行う場合は、良いのですが、家で、運動をするときには、階下への、騒音に注意が必要です。

激しいエアロビクスなどのエクササイズは、夢中になって、飛び跳ねたりすると、大きな振動が、階下に響きます。

ゆっくりした動きの筋トレでも、ダンベルなどの器具を使うと、階下に、振動が、ひびくことがあります。

家でこうしたエクササイズを行う場合、次の3点で、コルクマットがおすすめです。

  • 階下に響く振動を抑える
  • 流れた汗の後始末が簡単
  • 床のキズ予防

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

スポンサーリンク

階下に響く振動を抑える

ダンベル
フィットネス運動にも色々なものがあります。

筋トレ、エアロバイク、ヨガ、ストレッチ、エアロビクス、ピラティス、ジョギング、水泳、ウォーキングなどです。

スポーツジムや野外で行う運動は、問題ないのですが、室内だと、意外と振動が発生し、階下に騒音となって響きます。

振動が発生しないように、ゆっくり静かに行えば、問題も発生しにくいのですが、夢中になると、なかなか難しいです。

ストレッチやヨガは、ゆっくりした動きなので、振動は発生しにくいかも、知れませんが、全く発生しないわけではありません。

床に、手や足を置く時、座る時など、意識していないと、振動が発生したりします。

エアロバイクは、タイヤが回るときの振動が、騒音になって、階下に響きます。

筋トレは、重いダンベルなどを使うと、床に置く時に、振動が発生します。

筋肉に、負荷をかけて、疲れているので、ゆっくり置くつもりでも、出来ない場合があります。

ダンベルを、床に置いた瞬間に「ドスン」と、大きな音が、階下に、響いたりします。

何度も、繰り返すと、階下の人との、トラブルの原因に、なりかねません。

エアロビクスなどのダンス系のエクササイズは、夢中になると、大きな振動が発生します。

飛び跳ねたりすると、その振動は、相当大きなものになります。

コルクマットのクッション材のEVA素材は、ジョギングシューズの靴底や、パソコンケースの緩衝材などに使われています。

大変、弾力性があり、クッション性が良いので、振動を吸収し、騒音対策に有効です。

エアロバイクの振動、ダンベルを置く時の振動、ダンス系のエクササイズの時の振動などを、吸収し、階下に響かないようにします。

コルクは、滑りにくい素材なので、滑り止めにもなります。

もしも転んでも、衝撃を吸収するので、怪我などの予防もできます。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

広さを調整できる

コルクマット
コルクマットは、ジョイント式なので、枚数を調整すれば、色々な広さに、敷く事ができます。

ジグソーパズルのように、はめ込むのでずれたり、めくれたりする、心配が少ないです。

行うエクササイズの種類によっては、ヨガマットなどでは、狭い可能性があります。

数枚を並べて使うと、ずれたり、めくれたりします。

ヨガマットに足を、取られて転倒する、可能もあります。

コルクマットを広く引いておけば、ストレッチからヨガ、エアロビクスなど、ほかのマットを、敷かなくても出来ます。

素足で、激しい運動系にエクササイズを、硬いフローリングの床で行うと、かかとなど足に強い衝撃が伝わり、怪我につながります。

シューズを履けば怪我は防げますが、振動が大きくなり、階下への騒音が大きくなります。

コルクマットだと、クッション性が良いので、激しいエクササイズでも、足への衝撃をやわらげます。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

流れた汗の後始末が簡単

ダンベル
エクササイズを行えは、汗が流れると思います。

カーペットやじゅうたんの上だと、汗はしみ込んでしまいます。

畳の上でも、汗はしみ込みます。

しみ込んだ汗は、きれいに取り去る事もむつかしく、そのまま放置しておくと、カビやダニの、発生につながります。

その点コルクマットは、水分がしみ込みにくいので、流れた汗も、タオルや雑巾で、簡単に拭きとれます。

水洗いも出来るので、衛生的です。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

床のキズ予防

フィットネス
筋トレにダンベルなどの器具を使うと、床へのキズが心配です。

ラバーを被せたダンベルなどもありますが、軽いモノが多く、本格的にトレーニングを行おうとすると、金属のダンベルを使用します。

もっと本格的に、トレーニングのベンチなどを使うと、ベンチの下の床は、傷だらけになる、可能性があります。

コルクマットを敷いておけば、床をキズから守ってくれます。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


無料実地調査に加えて、アンケートに答えるだけで今なら5,000円もらえます!blank

まとめ

blank
ダイエットの為だけではなく、健康のために運動は必要です。

時間に余裕がないと、屋外で運動したり、スポーツジムに通ったりが、出来ない事が多いです。

家でのエクササイズは、騒音、床のキズ、汗の始末など、問題が発生します。

騒音対策、傷予防、掃除が楽な点、コルクマットは、おすすめです。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓

コメント