知らなきゃ損!簡単にコルクマットをキレイにできる6つの方法

スポンサーリンク

掃除機

知らなきゃ損!簡単にコルクマットをキレイにできる6つの方法

コルクマットは、滑りにくい、クッション性が良い、防音効果、断熱効果が高い、ダニが発生しにくいなど、多くのメリットがあります。

汚れても水洗いも出来て、衛生的です。

ほかにも、キレイにする方法は、色々あります。

ここでは、コルクマットを簡単に、キレイする方法を、説明します。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


Simplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマ

スポンサーリンク

コルクマットの掃除方法

スポンジ
室内を、衛生的にするには、毎日の掃除は、かかせません。

とくに、小さな子供や、赤ちゃん、ペットがいる家庭では、なおの事です。

小さな子供や、赤ちゃんは、飲み物や食べ物を、床に、よくこぼしたり、落としたりします。

キレイに掃除しないと、カビやダニの発生につながり、不衛生です。

毎日の掃除は、出来る限り、簡単に済ませたいと、思います。

コルクマットは、カーペットやじゅうたんのような、繊維素材ではないので、ホコリや汚れが、奥に入り込んだりしません。

髪の毛や、ペットの毛などが、絡まる事もないので、掃除が楽です。

でも、注意する点があります。

コルクマットは、クッション材のEVA素材と、コルクシートを、接着剤で、張り合わせています。

コルクシートは、厚さが1㎜と比較的、薄いので、チカラを入れて、ゴシゴシこすると、シートを傷める、可能性があります。

たわしなどで、こすったりすると、痛める原因にもなります。

洗濯機を使うことは、コールシートが、ボロボロになるので、絶対に禁止です。

コルクマットの掃除では、次の点を注意します。

  • チカラを入れて、ゴシゴシと、こすらない
  • たわしなどで、何度も、こすらない
  • 洗濯機は、使わない
  • 乾かすときは、陰干しをする

コルクマットの掃除には、次の方法があります。

  1. 雑巾
  2. 水洗い
  3. ほうき
  4. 掃除機
  5. 粘着式クリーナー
  6. スチームクリーナー

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


火災保険&地震保険で自宅を無料リフォームできるかも。保険の調査依頼申込 blank

雑巾

モップ
飲み物や、食べ物を、こぼす事は、よくある事です。

小さな子供が、ジュースをこぼしたり、赤ちゃんが、ミルクをこぼしたりは、生活する中では、頻繁に発生します。

コルクマットは、水分を吸収しにくいので、慌てることなく、雑巾で、拭くことができます。

消毒用のエタノールを、つけて拭くと、消毒も出来ます。

クレヨンやマジックの汚れを、取るにも有効です。

注意することは、乱暴にチカラ強く、ゴシゴシとこすらない事です。

表のコルクシートを、傷める場合があります。

出来るだけこすらず、押さえつけるように、拭くのが、ポイントです。

除菌と消臭効果がある、クエン酸やお酢を、使うのもおすすめです。

赤ちゃんにも安全です。

でも、重曹は、コルクマットが、変色する可能性があるので、要注意です。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


最大21ヶ月間もらえる給付金の申請ガイド【退職NOTE】blank

水洗い

水道水
汚れがひどいときには、やっぱり水洗いです。

コルクマットは、ジョイント式なので、汚れがひどい部分だけ、はずして洗えます。

ダニやカビも、きれいに、洗い流す事が出来ます。

薄めた中性洗剤を、使えば、洗浄効果も高くなり、よりきれいになります。

この時の注意点は、チカラを入れて、ゴシゴシとこすらない事です。

コルクマットを、傷めてしまいます。

たわしなどで、こする事も、寿命を、短くする原因になります。

水洗いしたとは、しっかり乾かす事も忘れずに。

湿ったまま敷くと、カビやダニの、発生につながります。

乾かすときは、陰干しです。

紫外線の強い、直射日光で乾かすと、変色したり、変形したりする、可能性があります。

絶対に洗濯機で洗わない事。

コルクシートが、ボロボロになります。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


おもちゃのレンタルサービスblank

ほうき

モップ
赤ちゃんが寝ているときや、早朝、夜中の掃除には、ほうきが便利です。

掃除機のように、音がしないので、赤ちゃんを、おこす心配も、少ないです。

狭いところの、掃除もしやすく、軽いので、持ち運びも楽です。

コルクマットは、静電気が、発生しにくいので、ほうきで、比較的簡単に、ごみやホコリが取れます。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


犬猫のお写真からフィギュア作成blank

掃除機

掃除機
出し入れが面倒だったりしますが、掃除をはじめると、早くキレイに、出来ます。

充電式のコードレス掃除機なら、手軽に掃除を、始められます。

軽いので、持ち運びも楽です。

髪の毛や、ペットの毛が、絡みにくいので、比較的簡単に、キレイにできます。

ただ、排気で、ホコリを舞い上げてしまうので、注意が必要です。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


リフォーム費用の無料一括見積もりの申し込み blank

粘着式クリーナー

比較的に、簡単に、掃除が出来る、アイテムとして、粘着式のクリーナーがあります。

「コロコロ」と呼ばれている、粘着テープを使った、クリーナーです。

掃除機のように、大きな音もしないし、軽くて持ち運びも楽です。

ホコリを、舞い上げる心配も、少ないです。

メリットは、多いのですが、吸着力が強いと、コルクマットを傷めてしまいます。

粘着力が弱いと、大きめのごみなどは、取ることができません。

床用の粘着クリーナーが、販売されているので、これなら、コルクマットを傷めず、きれいに掃除ができます。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


ご加入中の火災保険を活用して、お家を無料修繕するblank

スチームクリーナー

スチーム
高温の蒸気で、汚れを落とす、スチームクリーナーは、洗剤も使わず、除菌も出来るので便利です。

カビやダニの、発生も防いでくれます。

電源が必要で、準備が面倒なデメリットはあります。

それと、蒸気を使うので、使用後湿度が高くなってしまいます。

しっかり乾かさないと、ダニやカビの発生につながってしまいます。

防ぐはずが、増加させては、もともこもありません。

そこは、掃除の後は、風通しをよくして、しっかり、乾かす必要があります。

洗剤などを、使わずに除菌が出来るので、赤ちゃんがいる家庭では、魅力的だと思います。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


専門家だから安心のハウスクリーニング:リベンライズblank

まとめ

blank

コルクマットの魅力は、掃除のしやすさと、掃除の方法が、多くあるところです。

簡単に掃除が出来れば、こまめな掃除ができるので、衛生的な部屋を維持できます。

免疫力の弱い赤ちゃんには、衛生的な環境が大切です。

細菌やダニ、カビから、家族を守るために、掃除が簡単な、コルクマットはおすすめです。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓

コメント