コルクマットで和室のイメージが劇的にかわる5つの理由とは?

スポンサーリンク

和室

コルクマットで和室のイメージが劇的にかわる5つの理由とは?

落ち着いた、雰囲気のある和室は、「い草」の香りも相まって、リラックスできる空間でもあります。

畳のある和室は、寝転がったりしても、心地いいものです。

子供が、遊ぶスペースとしても、有効です。

リビングの一角に、畳コーナーを、作っている住居も、少なくないです。

しかし、昔のイメージがあったり、古いイメージがあって、和室離れも、進んでいます。

和室は、床に座るのが、基本的なスタイルです。

高齢化が進み、高齢者の足腰への、負担を軽くするには、座ったり、立ったりが、楽なソファーの方が、有利です。

布団より、ベッドの方が、楽に起き上がる事が、出来ます。

和室を、ソファーやベットが似合う、洋間に、リフォーム出来れば良いのですが。

リフォームとなると、工事費用も期間もかかり大変です。

アパートや賃貸マンションでは、リフォームが、不可能な場合もあります。

簡単で、安い費用で、実現できる、コルクマットによる、イメチェンが有効です。

ここでは、和室をコルクマットで、イメチェンする、メリットと、注意するポイントを、説明します。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

スポンサーリンク

コルクマットでイメチェンするメリット

マグカップ

和室の畳に飽きたり、子供部屋への利用が必要だったり、高齢者の為にソファーやベッドを利用する。

など、リフォーム工事まで行わなくても、ちょっとしたイメチェンを行うことは、良くあります。

カーペットやじゅたんを敷く家庭も多いです。

しかし、水やジュース、コーヒーなどをこぼした場合は、しみ込んで、シミになったりします。

ホコリなどの汚れが奥に入り込んだり、髪の毛、ペットの毛が絡んで、掃除が大変です。

その点、コルクマットだと次のメリットがあります。

  • 掃除が簡単に出来る
  • 断熱効果が上がる
  • 防音効果が上がる

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


掃除が簡単に出来る

畳や、カーペット、じゅたんは、水分を、吸収してしまいます。

ジュースやコーヒー、ミルクなどを、こぼした場合は、しみ込んでシミになったりします。

汚れが奥に入り込んだりして、取りにくいのでも欠点です。

カーペットやじゅうたんは、髪の毛やペットの毛が絡まったりします。

上に、ソファーやベッドなどの家具を配置した場合、取り外すのも大変です。

簡単に洗う事も出来ません。

コルクマットが、水分を、吸収しにくいジョイントマットです。

ジュースやコーヒー、ミルクなどを、こぼしても、ティッシュや、タオルなどで、簡単に拭きとる事が出来ます。

髪の毛やペットの毛が絡まる事のありません。

ホコリや汚れが、奥に入り込まないので、掃除機やほうきで、簡単にキレイに出来ます。

汚れがひどい場合は、その部分だけ、外して水洗いが可能です。

中性洗剤で、洗う事も出来るので、大変衛生的です。

掃除が簡単になるのが、コルクマットのメリットです。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


DMM FXは初心者向けblank

断熱効果が上がる

コルクマットは、熱を伝えにくく、断熱効果、保温効果が高い、ジョイントマットです。

畳も断熱効果が高いのですが、その上に敷く事で、さらに効果が上がります。

夏は、エアコンの冷房効果、冬は、ストーブなどの暖房効果を、アップさせます。

より外の気温の、影響を受けにくくなるので、省エネ効果も高くなり、光熱費を、抑える事が出来ます。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


防音効果が上がる

畳は、音や振動、衝撃を吸収します。

歩いたり走ったりした時の、振動や衝撃を、吸収します。

振動や衝撃は、階下に伝わり、騒音になります。

畳は、騒音を抑え防音対策に有効な床材です。

コルクマットもまた、クッション性、弾力性が良いので、音や振動、衝撃を、吸収します。

畳の上に敷く事で、より一層、防音効果が、上がります。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


注意するポイント

デメリット

コルクマットによるイメチェンにて、

  • 掃除が簡単になる
  • 断熱効果が向上する
  • 防音効果が向上する

などのメリットがあります。

しかし、次のような注意するポイントがあります。

  • ダニやカビが発生しやすくなる
  • 家具の転倒予防
  • 扉の開閉の確認

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


ダニやカビが発生しやすくなる

畳は、湿気が多く、ダニやカビが、発生しやすい、デメリットがあります。

湿度調整を行うので、吸った湿気を、吐き出します。

しかし、水を通しにくいコルクマットを、上に敷く為、吐き出すことが、出来なくなります。

結果、内部の湿度が、一層高くなります。

湿度が高くなると、カビやダニの、繁殖につながります。

対策としては、コルクマットと畳の間に、防湿防虫マットを、挟むのが、効果的です。

定期的にコルクマットを外して、掃除をしたり、カビの発生の確認を、すれば安心です。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


家具の転倒予防

畳は、やわらかく、上に家具を配置すると、どうしても不安定になってしまいます。

やわらかい畳の上に、クッション性の良い、コルクマットを敷くので、家具は、より一層不安定になります。

背の高い本棚などは、転倒予防の対策が必要です。

転倒防止用のツッパリ棒や転倒防止金具などで、転倒しないように、固定する必要があります。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


扉の開閉の確認

ふすまや引き戸の場合は、大丈夫ですが、開き戸の場合は、注意が必要です。

コルクマットは、厚みが8㎜または11㎜あります。

畳と扉の間隔が、その厚み以下だと、開閉が、不可能になります。

敷く前に、扉との間隔が、厚み以上ある事を、確認しておく必要があります。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


まとめ

blank

子供が大きくなり、子供部屋が必要、高齢者の為の、部屋が必要など、生活の変化で、和室の使い方が、変化する場合があります。

リフォームは、費用もかかります。

賃貸マンションやアパートでは、リフォームも不可能な場合もあります。

そんなとき、コルクマットで安く簡単に、イメチェンが可能です。

防音効果、断熱効果のアップも、期待できます。

コルクマットで、生活に変化をつけて、家族を笑顔にしましょう。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓

コメント