スポンサーリンク

知っておくべき愛犬のケガを防ぐコルクマットの4つのメリット

動物たち

知っておくべき愛犬のケガを防ぐコルクマットの4つのメリット

ペットと一緒の生活はとても癒されます。

国内でペットを、飼っている割合は、3世帯に1世帯だそうです。

そのペットの中で1番多く飼われているのが犬です。

しかし犬を室内で飼う場合、フローリングでのケガに注意が必要です。

すべりやすいフローリングでの犬のケガが激増しています。

ここでは、フローリングで発生するケガの原因と、その解決策について説明します。

スポンサーリンク
blank
セブン‐イレブンのお届けサービス
【セブンミール】

犬にとって半端なく危険、滑るフローリング

ローラースケート靴
フローリングは、人間にとって、おしゃれで生活しやすいところですが、犬にとっては、半端なく危険なところなんです。

それは、フローリングの床が、とても滑るからです。

犬の足は、土の上を歩くためには、都合よく出来ていますが、フローリングなどの床には不向きな構造になっています。

そのためフローリングの床では、人間以上に犬は滑ってしまいます。

ペット保険の会社の調査によると、犬のケガの66.3%が家の中で発生しています。

特に脱臼や骨折はフローリングの床が原因です。

爪のある犬にとって、フローリングの上を移動するのは、とても難しく危険なんです。

犬の足裏の毛が、伸びているなら危険度は劇的に増加します。

それはローラースケート靴をはいて移動しているようなものです。

滑りやすい床では、どうしても足にチカラをいれて踏ん張ってしまい、足腰の関節への負担が大きくなります。

その負担がが長期間続くと、慢性的な関節炎になったり、脱臼をくりかえしたりします。

また犬にとってすべりやすい床は、フローリングだけではありません。

畳も犬にとってはすべりやすくケガの原因になります。

特にトイプードルやチワワ、ヨークシャテリアなどの小型犬は、脱臼をおこしやすいので要注意です。

↓やさしいコルクマットの購入はこちら↓

スポンサーリンク
blankblank
新型コロナ対策に!!!
【プラズマイオン万能消毒器/紙幣消毒器】

最悪!フローリングが原因で発生する犬の代表的な2つのケガ

愛犬
フローリングの床で発生する、犬のケガとして代表的なものに次の2つがあります。

  • 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)
  • 椎間板(ついかんばん)ヘルニア

それらのケガの症状などを詳しく説明します。

スポンサーリンク
blankblank
全国より中古・壊れた物を高額買取!
【買取専門店ジャンク品ジャパン】

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

パグ
膝蓋骨(しつがいこつ)とよばれる部分で発生する脱臼(だっきゅう)です。

犬の後ろ足のヒザの骨が、何かの原因で外れてしまうケガです。

このケガが進行すると最悪、犬は歩くことも困難になってしまいます。

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)の原因の多くはすべる床です。

トイプードルやヨークシャテリアに多いケガです。

このケガになるとトイプードルなどは手術が必要になる事もあります。

治療費はなんと20万円以上とも言われています。

ちなみにもっと小さなチワワだと治療費は激増して40万円以上です。

スポンサーリンク
blankblank
ブランド品買取専門
【古着com】

椎間板(ついかんばん)ヘルニア

チワワ
背骨の間にある、椎間板(ついかんばん)が飛び出して神経を圧迫するケガです。

飛び跳ねたり転んだりしたことが原因で発生します。

このケガが進行すると足がマヒして最悪、立つことも出来なくなります。

椎間板(ついかんばん)が神経細胞に刺さって、脊髄軟化症(せきずいなんかしょう)になると、最悪の場合1週間ほどで命を落とすことがあります。

フローリングですべって転んだがために椎間板(ついかんばん)ヘルニアになって愛犬とお別れなんて寂しいですよね。

その前に、コルクマットで、対策をしておきましょう。

このケガはミニチュアダックスフンド、コーギー、シーズ、トイプードルに多い怪我です。

特にトイプードルは、このヘルニア以外に、

  • 鼠経(そけい)ヘルニア
  • 臍(へそ)ヘルニア
  • 会陰(えいん)ヘルニア
  • 食道裂孔(しょくどうれっこう)ヘルニア

などがあります。

トイプードルを飼われている方はすべるフローリングは要注意です。

コルクマットで、すべらない床にすることをおすすめします。

スポンサーリンク
blankblank
メンズ古着買取専門
【古着com】

コルクマットが愛犬をケガから守る!

愛犬
すべるフローリングの床は、愛犬にとって危険がいっぱいです。

最悪命にかかわる事も....

愛犬は、家族同然。

家族にはいつまでも元気でいてほしいです。

そんな愛犬の為に、コルクマットで、すべらない床を実現しましょう。

犬の足裏にある肉球は猫とくらべて乾いています。

犬は猫ほど肉球に汗をかかないので非常にすべりやすいです。

室内で発生する犬のケガの原因はすべる床です。

フローリングも畳も犬にとっては非常に危険なすべる床です。

表がビニール素材のジョイントマットでも犬はすべってしまいます。

表にすべりにくいコルクを使っている、コルクマットが犬には超おすすめです。

コルクが犬の爪をしっかりとらえてくれます。

コルクマットの上だと、犬は無理に踏ん張る必要もないので足腰に余計なチカラをかけません。

自然な態勢で歩いたり走ったり出来ます。

ソファーなど少々高いところから飛び降りても弾力がある、コルクマットが、着地のショックを和らげます。

着地のショックを和らげるので愛犬の足腰への負担を少なくしてくれます。

↓やさしいコルクマットの購入はこちら↓

スポンサーリンク
blankblank
箱詰めして送るだけ!着物の宅配買取
【着物10】

コルクマットがフローリングをキズから守る!

ボクサー
すべるフローリングの上を犬が歩いたり走ったりすると、すべるために踏ん張ってしまいます。

すべるので爪をつかってすべらないように頑張ります。

その結果、フローリングに多くのキズをつける事になります。

キズだらけのフローリングの床っておしゃれじゃないですよね。

簡単に交換も出来ません。

賃貸のマンションやアパートなら退去の時の余計な出費になりかねません。

そんな心配をしないためにも、コルクマットがおすすめです。

フローリングの上に敷いておけば愛犬がどれだけ爪を使って歩こうか走ろうが、

フローリングにキズはつきません。

コルクマットなら、交換も簡単汚れても水洗い出来ます。

ペットの足音だって、コルクマットが吸収してくれるので効果的に防音対策が可能です。

スポンサーリンク
blankblank
高価買取中!大人気ブランドファッション買取専門
【渋谷ブランドゥール】

まとめ

まとめ
フローリングの床は愛犬にとって超危険です。

愛犬との楽しい生活の為にもすべらない床にすることが大切です。

コルクマットの、すべりにくい表のコルクシートと、弾力性の高い裏のEVA素材が愛犬をケガから守ります。

かわいい愛犬に、コルクマットがおすすめです。

↓やさしいコルクマットの購入はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました