サプライズ「コルクマット」が赤ちゃんをケガから守る4つ理由

スポンサーリンク

リビング

サプライズ「コルクマット」が赤ちゃんをケガから守る4つ理由

赤ちゃんがいる家庭では、床のホコリなど衛生面が、大変心配です。

ハイハイで移動する赤ちゃんは、床に近いので、床をきれいにしておかないと、喘息やアレルギーの、原因になります。

赤ちゃんが、ヨチヨチ歩きを始めると、今度は転倒したりして、怪我が心配になります。

コルクマットは、そんな心配事が多い、赤ちゃんの為に、おすすめです。

すすめる理由は、次の通りです

  1. 転倒した時の、衝撃を和らげる
  2. 清潔、きれいで、衛生的な環境を、つくれる
  3. 膝や手のひらに、優しい暖かい床ができる

コルクマットは、赤ちゃんに、とってもやさしいアイテムです。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

スポンサーリンク

転倒した時の、衝撃を和らげる

クッション
最近の家やアパート、マンションで、増えているフローリングの床は、冷たくて硬いです。

スリップしやすく大変危険です。

歩き始めた赤ちゃんは、何度も転倒します。

転倒して、頭をぶつける場合もあります。

そんなとき、床がフローリングだと、凄く痛いでしょうし、怪我につながる場合もあります。

ハイハイで動き回る、赤ちゃんだと、フローリングの床では、膝が痛そうです。

赤ちゃんにとって、フローリングの床は、硬くて危険で、優しくない床なんです。

そんなフローリングの優しくない床を、コルクマットを敷いて、赤ちゃんに優しい床に、変えましょう。

コルクマットは、EVA素材という、クッション材を使っています。

EVA素材は、やわらかくて、大変弾力があります。

もしも赤ちゃんが転倒して、床で頭を、ぶつけても、衝撃を吸収します。

ハイハイで動き回る、赤ちゃんの、膝も痛くありません。

マンションやアパートでは、赤ちゃんが転んだ時の、衝撃を吸収するので、振動が、階下に伝わりにくく、防音対策になります。

ある程度大きくなると、飛び跳ねたり、走ったり、ものを落としたり、何かと音がします。

下の階の人へ、迷惑が、かかっていないか、心配です。

近隣とのトラブルで、一番多いのが「騒音」ですから、防音対策は、しっかりしておきたいです。

そんな防音対策の為にも、コルクマットがおすすめです。

表のコルクシートは、大変、スリップしにくい素材です。

フローリングの床は、スリップしやすく、まだ不安定な赤ちゃんにとっては、大変危険です。

コルクマットを敷けば、スリップしにくく、安全な床になります。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

清潔、きれいで衛生的な環境をつくれる

スポンジ
赤ちゃんは、大人よりも、床に近いところにいます。

ハイハイする赤ちゃんなら、床に、最接近しながらの、移動です。

ホコリは、人が歩くたびに、床から30㎝ぐらいまで、舞い上がるそうです。

床を、清潔にきれいにしておかないと、赤ちゃんの顔は、ホコリだらけになりそうです。

ホコリだけでも不衛生ですが、その中には、病原菌やアレルギー物質も、まぜっている場合もあります。

ダニだって心配です。

ダニは、1gのホコリの中に、多いときで、1万匹以上もいると、言われています。

アレルギーや喘息の、原因になります。

アレルギーから、赤ちゃんを守るためにも、やはり床は、清潔、きれいに、しておきたいです。

コルクマットの表のコルクは、スぺリンという、天然の成分を含んでいるので、ダニを、寄せ付けません。

また、スぺリンは、抗菌効果があるので、カビの発生も、防ぎます。

コルクマットを床に敷けば、ダニが住みにくい、部屋作りができます。

またジョイント式なので、簡単に、外す事ができます。

汚れがひどい部分を外して、水洗いすれば、さらに効果的です。

アルコールにも強いので、アルコールなどで、消毒することもできます。

クエン酸やお酢による、除菌や消臭も有効です。

オムツ替えで、床を汚したり、ミルクをこぼしたり、ヨダレで、床を汚す事も、頻繁です。

カーペットやじゅうたんでは、汚れを、落とすのも大変です。

コルクマットなら、比較的簡単に、汚れを落とすことができます。

汚れが、ひどく落ちない場合は、新しいコルクマットと、交換する事も、できます。

簡単に外して、丸洗いできるので、大変、衛生的です。

床を清潔、きれいにしておけば、赤ちゃんを、床に寝かせる事もできます。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


無料実地調査に加えて、アンケートに答えるだけで今なら5,000円もらえます!blank

膝や手のひらに優しい暖かい床ができる

雪の中の山小屋
冬のフローリングの床は、大変冷たいです。

そんな冷たい床を、ハイハイで移動する赤ちゃんの、膝や手は、大変冷たいことでしょう。

赤ちゃんのためにも、冬の床は、暖かくしておきたいです。

コルクマットの断熱効果は、毛布とほぼ同じです。

床に敷けば、冷たい床の感触が、赤ちゃんの膝や手に、直接伝わらなくなります。

床の上を、ハイハイする赤ちゃんが、冷たい思いを、しなくて済むようになります。

冷たい床が、コルクマットで、とても赤ちゃんに、優しく温かい床になります。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

床に赤ちゃんを寝かせるメリット

バウンサー
ベビーベッドに赤ちゃんを、寝かせている家庭は、多いと思います。

ベビーベッドでは、赤ちゃんが、転落する心配があります。

ちょっとした用事で、目を離した間に、赤ちゃんが、ベビーベットから、転落する事故が、多いようです。

床に赤ちゃんを、寝かせれば、転落する、心配はありません。

床に寝かせるにも、硬いフローリングの床だと、きっと痛い思いをするでしょう。

コルクマットを敷けば、床に寝かせても、痛い思いをしません。

床に寝かせると、赤ちゃんの成長を、促す事もあるようです。

バウンサーやベビーラックに、寝かせるより、床に寝かせたほうが、寝返りする時期が、早くなるそうです。

バウンサーやベビーラックの両サイドが、自由を奪ってしまい、自由に転がれないようです。

そのため、寝返りをしたくても、出来なくなって、寝返りする時期が、遅くなるようです。

床だど、赤ちゃんは、比較的自由に転がれます。

自由に転がれるから、転がる成長が早くなって、寝返りをする時期も、早くなります。

赤ちゃんの成長の為には、出来るだけ自由にしてあげる事が、大切です。

バウンサーやベビーラックより、床の方が、赤ちゃんは自由です。

床に寝かせる、メリットは、凄く大きいです。

床に、赤ちゃんを、寝かせるためにも、コルクマットは、おすすめです。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


blankblank

まとめ

まとめ
次の3つの理由でコルクマットは、赤ちゃんの為に、おすすめです。

  1. 転んだ時の衝撃を和らげます
  2. 清潔で衛生な環境をつくれます
  3. 膝や手のひらにやさしい暖かい床になる

また、赤ちゃんを、床に寝かせる事は、成長を、促してくれます。

コルクマットで、赤ちゃんにやさしい、床作りが出来ます。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓

コメント