ママ注目!赤ちゃんがいる家庭にコルクマットが人気の7つの特徴

寝ている赤ちゃん

ママ注目!赤ちゃんがいる家庭にコルクマットが人気の7つの特徴

フローリングの床は、硬くて滑りやすく、冷たいです。

抱っこしている赤ちゃんを、もしも、床に落としてでもしたら、大変です。

ハイハイを始めた赤ちゃんが、硬い床だと、手足が、痛いかもしれません。

冷たいフローリングの床では、、冬は寒いかも知れません。

歩き始めた赤ちゃんは、不安定で良く転びます。

転倒して、まだやわらかい頭を、床にぶつけたりした、大怪我に、つながる可能性もあります。

東京消防庁の救急搬送データでは、9才以下の子供で、救急搬送した事故の要因は、「ころぶ」と「おちる」が約60%もあります。

事故の発生場所は、約70%が、住宅等居住場所となっています。

「東京消防庁:【救急搬送データからみる 日常生活事故の実態】」

家の中でも、歩き始めた小さな子供にとっては危険がいっぱいです。

そのような心配から、出産をきっかけに、コルクマットを購入する人が多いようです。

カーペットやじゅうたんでは、不十分

カーペットの赤ちゃん

カーペットやじゅうたんは、やわらかくクッション性も良いので、転んだ時の、衝撃を吸収してくれます。

暖かいので、床にしけば、ハイハイを始めた、赤ちゃんの手足を、寒さから、守ってもくれます。

でも、厚さが薄い、カーペットやじゅうたんでは、その効果は、あまり期待できません。

繊維質なので、ホコリ、フケなどが、奥に入り込んでしまいます。

抜け毛などは、繊維に絡まって、取りにくいです。

赤ちゃんは、ミルクや水、食べ物を、よくこぼしたりします。

カーペットやじゅうだんでは、しみ込んでしまって、シミになったりします。

シミは落としにくく、放置しておくと、カビやダニ、細菌の発生につながり、不衛生です。

アレルギーの原因にもなるので、しっかり、除去する、必要があります。

免疫力の弱い、小さな子供や赤ちゃんなので、幼児喘息やアトピー性皮膚炎なども、心配です。

食べ物や水、ミルクなどをこぼしても、タオルや雑巾で、簡単に拭ける、コイルマットがおすすめです。

ダニを寄せ付けにくい、防虫成分が含まれているので、ダニ対策も効果的です。

厚みを8㎜または11㎜あり、クッション性、弾力性が高いEVA素材が、転倒時の衝撃を、吸収しやわらげます。

コルクマットが、赤ちゃんにおすすめ7つの理由

コルクマット

コルクマットが、赤ちゃんのいる家庭に、おすすめの理由を、まとめました。

「掃除がしやすい」「クッション性、弾力性が高い」のほかに、多くのおすすめ理由があります。

楽に掃除ができて衛生的

コルクマットは、カーペットやじゅうたんのように、繊維素材ではないので、ホコリや毛が、絡みません。

水などは、しみ込みにくいので、ミルクや離乳食などをこぼしても、雑巾やタオルなどで、簡単に拭きとる事ができます。

カーペットやじゅうたんだと、こぼしたミルクなどは、しみ込んで、シミになる事があります。

シミを放置しておくと、細菌やカビの、発生につながり不衛生です。

簡単に掃除ができるコルクマットだと、シミになりにくく、衛生的です。

細菌やカビは、アレルギーの原因になったり、他のどのような病気に、つながるか分かりません。

免疫力の弱い赤ちゃんは、きれいな環境で育てるのが、安心で安全です。

転倒などの衝撃をやわらげて怪我の予防ができる

コルクナットの厚みは、8㎜または11㎜あります。

裏のクッション材には、ジョギングシューズの靴底などに採用されている、EVA素材を使っています。

EVA素材は、衝撃をやわらげるに、適した素材です。

やわらかく、クッション性があり、弾力性が高い、素材です。

赤ちゃんが、もしも転倒しても、衝撃をやわらげて、怪我などから守ってくれます。

まだやわらかい頭を、固い床などに、ぶつけたりしたら大変です。

コルクマットは、赤ちゃんを転倒時の、怪我から守ってくれます。

階下に伝わる音を防ぐので防音の対策ができる

床に物を、落とした時の衝撃は、騒音となって、階下の部屋に伝わります。

コルクマットは、落とした時の、衝撃を吸収するので、階下に音が、伝わりにくくなります。
部屋中に、響く音も、吸収しやわらげます。

赤ちゃんは、スプーン、おもちゃなどを、よく床に、落とします。

落としても、衝撃と音を、コルクマットが吸収します。

近隣のトラブルで一番多いのが、騒音によるトラブルです。

コルクマットで、防音対策を、しっかり行えば、安心です。

摩擦係数の高いコルクはすべりにくい

コルクは、摩擦係数が高く、大変すべりにくい素材です。

滑りやすい床は、歩き始めた赤ちゃんには、大変危険です。

赤ちゃんを、抱っこしているお母さんが、すべって転倒しても大変です。

赤ちゃんの安全の為には、すべらない床が、安心です。

コルクマットで、すべらない床を、実現できます。

アレルゲンのダニやカビが発生しにくい

ダニやカビは、アレルギーの原因、アレルゲンとして有名です。

家の中のダニを、全て除去することは、不可能と言わてれいます。

かといって、対策しないと、ダニは、爆発的に増えてしまいます。

1gのハウスダストの中に、約3万匹のダニが、発見されたとの、調査報告があります。

1ペアーのダニが、3カ月後には約3千匹に、さらに4カ月後には、約450万匹に増えます。

免疫力の弱い赤ちゃんの、クチに入ったら大変です。

コルクマットは、天然の防虫成分を含んでいるコルクを使っているので、ダニが寄り付きにくい床材です。

水洗いもできるので、比較的簡単にダニの駆除ができます。

アレルギーから赤ちゃんを守るのに、コルクマットは、おすすめのジョイントマットです。

使っている素材が安全で安心

赤ちゃんは、なんでもクチに、入れてしまいます。

舐める事も、おかまいないです。

赤ちゃんの、手が届くところには、クチに入れても、安全なものを、置いておくことが、大切です。

コルクマットの表のコルクシートは、天然素材なので、万が一クチに入れても無害です。

裏のEVA素材は、チューイングガムの材料にも使用している素材なので、クチに入れても安心です。

シックハウス症候群で問題になるホルムアルデヒドも検出されません。

世界最大級の検査・審査登録機関のSGSの、検査基準をクリアしているので、コルクマットは、安全で安心できるマットです。

ジョイント式なので交換が簡単

コルクマットは、ジョイント式なので、汚れがひどい部分、いたみがひどい部分を、はずして交換できます。

大きなカーペットやじゅうたんでは、交換作業が大変な場合がありますが、コルクマットなら大丈夫です。

一部分の交換なので、かかる費用も、比較的少なくて、済みます。

奇麗な状態を、維持でいるので、赤ちゃんが安全で安心して、過ごせる環境を作れます。

まとめ

まだまだ骨がやわからい赤ちゃんは、ちょっとした転倒が原因で、大けがにつながったりします。

硬くて滑りやすいフローリングの床は、とても危険です。

汚れやホコリが取れにくく、ダニやカビが、発生しやすいカーペットやじゅうたんは、衛生的にも心配です。

衛生的で、転倒防止、ケガ予防、防音対策の、効果が大きいコルクマットは、赤ちゃんのいる家庭に、おすすめ。


送料無料
やさしいコルクマット
購入バナー

コメント