スポンサーリンク

注目!コルクマットで出来る高齢者にやさしい環境作りとは?

車椅子

注目!コルクマットで出来る高齢者にやさしい環境作りとは?

毎年10月10日は、知る人ぞ知る「転倒予防の日」です。

10(テン)10(トウ)と言う語呂合わせができるので、日本転倒予防学会が提唱しています。

高齢者の転倒予防に向けて、意識啓発と、色々な取り組みの普及活動が続けられています。

滑りにくくクッション性の良いコルクマットは、高齢者の転倒防止と怪我予防に、信じられない効果を発揮します。

ここでは高齢者の、転倒防止と怪我予防ができるコルクマットの活用法を説明します。

スポンサーリンク
blank
家事代行サービス
【アールメイド】

転倒で怖いのは怪我だけではなかった!転倒の真の恐怖とは?

転倒
「老化は足から」

普段からカラダを、鍛えているなら話しは別ですが、そうでない場合は年齢を増すごとに、筋力が衰えるのは、自然なことで防ぎようがありません。

筋力の衰えとともに足腰も弱り、わずかな段差でつまずいて転んだりします。

加齢で骨は少しずつもろくなり、転倒などで骨折しやすくなります。

転倒の真の恐怖は、骨折などの怪我だけではないのです。

日本転倒予防学会の武藤芳照理事長の話によりますと、

「骨折しなくても、転倒時の恐怖感が、閉じこもりや廃用症候群(心身の機能低下)を生み、結果的に寝たきり・要介護状態になる場合があります」
とのことです。

高齢者は一瞬の転倒から、ありえない恐怖を感じ、それがトラウマとなって、要介護の寝たきり状態になる場合があるのです。

これが転倒から寝たきり状態になるプロセスで、そして真の転倒の恐怖です。

寝たきり状態や要介護状態の原因を作らないために、室内の段差をなくし、床を滑りにくくする対策が必要です。

もし転んでも、転倒時の衝撃を和らげ、痛みを軽減できれば、感じる恐怖も少なくできます。

↓やさしいコルクマットの購入はこちら↓

スポンサーリンク
blankblank
バーチャルオフィスメンバー新規入会募集
【ナレッジソサエティ】

家庭内での高齢者の死亡事故の原因を明らかにする

デメリット
近年家庭内での、高齢者の事故が、増加しています。

内閣府の発表によると、高齢者の事故の発生場所で、一番多いのは、住宅で、全体の77.1%を占めています。

住宅内の具体的な場所は、1位が居室、2位が台所・食堂、3位が階段です。

1位の、居室に関しては、全体の45%を占めています。

高齢者の家庭内事故のグラフ「【平成29年版高齢社会白書】(内閣府) https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2017/html/zenbun/s1_2_6.htmlを加工して作成」

また家庭内では「転落」や「転倒」による事故が多く、75才以上の高齢者になると、実に半数以上の人が、それらをきっかけとして事故が発生しています。

高齢者の家庭内事故のきっかけ
「【平成25年版消費者白書】(消費者庁) https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/white_paper/2013/white_paper_1033.htmlを加工して作成」

高齢者の「転落」や「転倒」は、死亡事故につながったり、寝たきり状態になる可能性が、あるので注意が必要です。

グラフ1グラフ2「【御注意ください!日常生活での高齢者の転倒・転落!】(消費者庁) https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_009/pdf/caution_009_180912_0001.pdfを加工して作成」

厚生労働省の調査による、65歳以上の高齢者で、「転倒」「転落」が原因で、発生する死亡事故の半数以上の57%は、平らなところでの「スリップ」や「つまずき」、「よろめき」が原因です。

「出典:内閣府ホームページ (https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/deth18.html)」

↓やさしいコルクマットの購入はこちら↓

スポンサーリンク
blankblank
ボイススクール無料レッスン体験募集
【Beeミュージックスクール】

知っておくべき家庭内で高齢者が転倒する原因とは?

和室
高齢者の転倒の原因には、本人に関わるモノと、住宅などの環境に関わるモノがあります。

本人に関わる原因は「内的要因」といい、加齢による身体機能の変化や病気、薬の影響などが原因です。

環境が関わる原因は「外的要因」といい、転びやすい住まい環境や不適当な履物・杖などが原因です。

高齢者が転倒するのは「内部要因」と「外的要因」の二つです。

↓やさしいコルクマットの購入はこちら↓

スポンサーリンク
blankblank
ギタースクール無料レッスン体験募集
【Beeミュージックスクール】

コルクマットが高齢者にやさしさ満載の驚きの理由

マグカップ
高齢者の転倒を防ぐには、出来る限り家庭内の段差をなくすことや、転倒しやすい玄関、階段、浴室やトイレに手すりをつけるなどの対策が重要です。

それらの対策に加えて床を滑りにくくしたり、転倒時の衝撃を和らげる工夫を施したりする必要があります。

滑りにくく衝撃を吸収するコルクマットは、その工夫を施すのにピッタリの床材です。

事故を防ぐだけでなく、コルクマットは断熱効果や保温効果が高く、それらの効果により高齢者を、暑さや寒さから守ります。

こぼした水や食べ物などを、ティッシュや雑巾などで、簡単に拭きとれるので掃除の時短につながるメリットがあります。

↓やさしいコルクマットの購入はこちら↓

スポンサーリンク
blankblank
月間通信制限無し/契約期間の縛り無し
【民泊Wi-Fiのfamifi】

コルクマットは転倒防止以外の効果も期待できる

デメリット
滑りやすい床は、転倒の原因になるだけではなく、その床の上を、移動するだけで、高齢者の足腰に、大きな負担をかけてしまいます。

カラダのバランスを維持する必要があるので、滑りやすい床では、立っているだけで足腰に負担がかかります。

滑りにくいコルクマットを敷くだけで、転倒防止だけではなく足腰への負担も軽減します。

↓やさしいコルクマットの購入はこちら↓

スポンサーリンク
blankblank
パソナグループの家事代行サービス
【パソナライフケア】

コルクマットで転倒時の衝撃を和らげてケガ予防

クッション
高齢者が転倒する原因は、滑る事だけではありません。

滑りにくい床でも、よろめいたりつまずいたりして転倒する可能性があります。

もしも転倒した床が硬い場合、打撲や骨折などのケガにつながり寝たきり状態になるリスクも増えます。

クッション性と弾力性が良いコルクマットが転倒時の衝撃を吸収しケガから高齢者を守ってくれます。

↓やさしいコルクマットの購入はこちら↓

スポンサーリンク
blankblank
採用サイト制作支援ソフト無料トライアル申込
【HRサイト】

転倒の原因を作る、やってはいけないコルクマットの敷き方

コルクマット
コルクマットは8㎜または11㎜の厚みがあり、床の一部に敷くと段差を作ってしまう結果になります。

足腰の筋力が、弱っている高齢者にとって、段差は非常に危険で、つまずいて転倒する可能性があります。

家の中に段差を作らないのが、高齢者をケガから守る原則です。

部屋の一部ではなく全体に敷き、段差を作らない工夫が必要です。

スポンサーリンク
blankblank
総合通販サイト
【au PAYマーケット】

まとめ

まとめ
いかがでしたか?

ここでは、「注目!コルクマットで出来る高齢者にやさしい環境作りとは?」について説明しました。

高齢者の転倒は、寝たきり状態や、要介護になるリスクが非常に高く、最悪死亡事故につながる可能性があります。

転倒とケガの発生を予防し、暑さ寒さをやわらげ、掃除の時短も期待できるコルクマットは、高齢者とともに生活する家族には魅力満載です。

ぜひ参考にしてみてください。

↓やさしいコルクマットの購入はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました