コルクマット

スポンサーリンク
コルクマットの特徴

その手があったか!コルクマットの衛生度を向上させる5つの方法

コルクマットは取り外し可能なジョイントマットです。取り外して簡単に水洗いができます。ゴミやホコリが奥へ入り込んだり、髪の毛やペットの毛が絡まる事がありません。こぼしたジュースやミルクなども簡単に拭きとる事ができて清潔な環境を長く維持できます。
2020.10.26
コルクマットとアレルギー

最悪!コルクマットにカビが発生しやすい4つの使い方とその対策

コルクマットは使い方を間違うとカビが発生する場合があります。カビはダニの繁殖につながります。カビやダニは喘息やアレルギーの原因になります。コルクマットの正しい使い方をマスターすれば清潔できれいな部屋を維持できアレルギーの心配もなくなります。
2020.10.26
コルクマットの特徴

注目!!コルクマットとジョイントマットの違い

「やさしいコルクマット」はジグソーパズルのように組合せて敷くジョイント式のマットです。「やさしいジョイントマット」もジョイント式のマットです。どちらも優れた機能・性能をもっています。双方のマットのバリエーションや機能や性能を比較しました。
2020.10.26
blankコルクマットの効果

忙しい人必見!コルクマットで毎日の掃除が楽になる5つのワケ

毎日の家事は大変です。その中でも掃除は「誰かに代わってほしい家事のナンバーワン」です。赤ちゃんや小さな子供がいる家庭ではしっかり掃除をしないとアトピーなどのアレルギー疾患の原因を作ってしまいます。そんな毎日の掃除がコルクマットで楽になります。
2020.10.26
blankコルクマットとペット

必見!危険な滑りやすい床からウサギを守るコルクマットの活用法

鳴き声がなく静かな「うさぎ」が静かなブームになっています。運動不足解消のためにフローリングの床で遊ばせることもありますが、滑りやすい床は大変危険です。滑りにくいコルクマットで「うさぎ」を怪我から守ることができます。掃除も楽なのでおすすめです。
2020.10.26
blankコルクマットと高齢者

注目!コルクマットで出来る高齢者にやさしい環境作りとは?

高齢者にとって滑りやすい床は転倒などの事故を引き起こし大変危険です。転倒事故による怪我が原因で寝たきり状態になったり、最悪、死亡事故になる可能性もあります。滑りにくくクッション性の高いコルクマットで転倒事故の防止や怪我の予防ができます。
2020.10.26
blankコルクマットの効果

マジ!?こんなに違うコルクマットのクッション素材の性能

ニトリのコルクマットの裏の素材はポリエステル素材です。ポリエステル素材は日光に弱いため明るい部屋で使用すると寿命が短くなる可能性があります。裏にEVA素材を使ったコルマットがおすすめです。EVA素材は日光にも、強く弾力性もクッション性も高いです。
2020.10.26
blankコルクマットの特徴

話題のニトリで買える人気のコルクマットの4つの特徴

ニトリのコルクマットは安価で別の大きさのマットを混ぜて一緒に使えるなどメリットがあります。しかしデメリットもあります。メリットデメリットを比較し、防音対策、怪我対策、寒さ対策、ダニ対策など目的とする用途に一番あったマットを選択をしましょう。
2020.10.26
blank掃除・お手入れ

やってはいけない!コルクマットで椅子を使うときのポイント

コルクマットを敷いた床で椅子を使うと、マットがへこんだり、キャスターの跡が付いたり、すれてマットのコルクがはがれたりして寿命を縮める原因になります。長くコルクマットを使用するためのイチオシの対策方法があります。費用も安く簡単でおすすめです。
2020.10.26
blankコルクマットの効果

知っておくべきコルクマットの5つのデメリットと解決策

コルクマットは、表に天然素材のコルクを使用したジョイントマットです。掃除が簡単で衛生的、防音効果、断熱効果が高い、ダニ予防にも効果的など多くのメリットがあります。しかし、いくつかのデメリットもありますが工夫すれば減らすことも可能です。
2020.10.26
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました