騒音トラブルで修羅場 直ちにコルクマットで解決

スポンサーリンク

寝ている赤ちゃん

騒音トラブルで修羅場 直ちにコルクマットで解決

階下への音が気になる事はありませんか?

近隣トラブルについて、SUMOジャーナルが、行った調査によると、近隣トラブルの中で、1番多いのが騒音に関するトラブル。

近隣住民に、不満を感じている人の、45.9%の人が、騒音に関して不満を、感じているようです。

●調査概要[SUUMO近隣トラブルに関する調査]より
・調査期間:2015年7月31日~2015年8月3日
・調査方法:インターネット調査(ネオマーケティング)
・対象:首都圏・中京圏、近畿圏に居住する20~59歳の男女
・有効回答数:400名(男女200名ずつ)

また、

国土交通省こくどこうつうしょうが行った「平成30年度マンション総合調査」によると、

トラブル(過去1年間)の発生状況は、「居住者間の行為、マナーをめぐるもの」が55.9%と最も多く、その具体的な内容については、「生活音」が38.0%と1位となっています。

以上の調査から、分かるように、近隣のトラブルナンバー1は、騒音です。

快適で安心に、暮らすためにも、騒音対策を、しっかり考える必要があります。

騒音対策には、防音の効果が、大変優れているコルクマットが、おすすめです。

「やさしいコルクマット」は、大きさが30㎝×30㎝の普通サイズと、大きさ45㎝×45㎝の大判サイズがあります。

大判サイズのやさしいコルクマットは、厚みが11㎜と厚いので、薄いコルクマットよりも、防音の効果が高いです。

【詳しくはこちらのページをご覧ください】リンク矢印「やさしいコルクマットとは?」を参照

【詳しくはこちらのページをご覧ください】リンク矢印「厚手のコルクマットが選ばれる3つのメリット

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


スポンサーリンク

騒音のメカニズム

工事現場
騒音対策に、チカラを発揮する、コルクマットですが、どのようなチカラを、発揮するのでしょうか?

コルクマットが発揮するチカラの、説明をする前に、騒音とはどのようなものか説明します。

騒音と言っても、

  • 話し声
  • ペットの鳴き声、赤ちゃんの泣き声
  • 足音
  • 家具などを動かす音
  • ドアの開け閉めの音
  • 食洗器や洗濯機、掃除機の音
  • ピアノなどの楽器演奏の音

など様々な騒音があります。

【詳しくはこちらのページをご覧ください】リンク矢印「防音・吸音・遮音(しゃおん)の違い」を参照

騒音対策の為、防音の為のリフォームを、行った場合、工事の相場は6畳の部屋で、

なんと180万円~300万円、施工期間も2週間から1か月と大掛かりです。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


DMM FXは初心者向けblank

2種類の音

マイク
騒音対策を行う前に、音の事を少し知っておく必要があります。

音は空気伝搬音固体伝搬音に大きく分かれます。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


空気伝搬音

空気伝搬音は、空気中を伝わって、聞こえる音の事です。

話し声、ペットの鳴き声、赤ちゃんの泣き声などが、空気伝搬音です。

空気伝搬音は、音源から離れるほど、音の大きさは小さくなります。

また、壁などである程度、音は小さくなります。

マンションの場合、鉄筋コンクリート造りが多いので、大部分の空気伝搬音は、コンクリートの壁で聞こえなくなります。

それでも、音が聞こえる場合は、よほど音が大きいか、窓やドアを、開けっ放しの場合が、多いようです。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


固体伝搬音

固体伝搬音は、床や壁、天井などに、衝撃や振動が、伝わって、音となり、聞こえる音です。

マンションやアパートの場合、足音などは、空気伝搬音だけではなく、歩く時の振動が、床などに伝わって、音となって伝わります。

鉄筋コンクリート造りのマンションであっても、コンクリート自体に振動が、伝わって音となって伝わるので、分厚いコンクリートで、囲まれているからと安心は出来ません。

また、固体伝搬音空気伝搬音よりも、遠くまで伝わりやすい性質があるので、注意が必要です。

足音以外にも、家具などを動かす音、ドアの開け閉めの音、食洗器や洗濯機、掃除機の音、ピアノなどの楽器演奏の音、テレビやオーディオなどの音は、空気伝搬音固体伝搬音の両方の音が伝わります。

実は、騒音トラブルになりやすく、注意が必要なのは固体伝搬音で、その殆どが床からの振動が、壁や天井に伝わって騒音になります。

という事は、床からの伝わる振動を防止すれば、騒音を減らすことが出来ます。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


床から伝わる音にも2種類ある

青い振動

床からの振動を、防止すれば、騒音を減らせることが分かりました。

床からの振動で、伝わる音の事を、床衝撃音と言います。

床衝撃音には、軽量床衝撃音重量床衝撃音の、2種類があります。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


軽量床衝撃音

スプーンなどを、比較的軽いものを床に、落とした時などの「コツン」と、いった感じの音や、スリッパを、はいて歩く時などの「パタパタ」と、いった感じの音。

子供がオモチャなどを、落とした時の「カシャン」と、いった感じの音のように、比較的、軽くて高い音の事です。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


重量床衝撃音

子供が、走ったりした時の「ドタドタ」と、いった感じの音や、ジャンプした時の「ズトン」と、いった感じの音。

重いものを、落とした時などの「ドスン」と、いった感じの音のように、鈍くて低い音の事です。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


コルクマットで軽量床衝撃音の防止対策

工事現場

コルクマットは、弾力性、クッション性が、高いコルクと、EVA素材から、出来ています。

その高い弾力性、クッション性により、床への大きな衝撃を吸収して、振動を軽減します。

コルクマットが、床に伝わる振動を、防いでくれるので、軽量床衝撃音の、防止ができます。

また、コルクマットの、大変優れた吸音性により、音を吸収し、音が広く響くことも、防ぎます。

足音やスプーンなどを、床に落としたり、おもちゃを、投げたり落としたりするのは、日常茶飯事です。

いつも発生する、騒音をコルクマットで防ぐことが出来ます。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


防音対策が困難な重量床衝撃音

工事現場

重量床衝撃音を、完全に防ぐのは、大変困難です。

完全に防ぐには、大掛かりな、防音リフォームが必要です。

難しい重量床衝撃音ですが、完全に防ぐことは、困難でも軽減することはできます。

その方法は、コルクマットだけではなく、防音カーペット、または、防振マットを、組み合わせるダブルの対策です。

ダブルの対策によって、高い防音効果を、期待できます。

厚いコルクマットを、利用するのもおすすめです。

【詳しくはこちらのページをご覧ください】リンク矢印「厚手のコルクマットが選ばれる3つのメリット

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓


FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFXblank

まとめ

まとめ
近隣トラブルは、なるべくなら避けたいと思います。

そのなかで1番多い、騒音

騒音の多くは、床から発生しています。

コルクマットを敷くとこで、騒音の減少を、期待できます。

近隣トラブルなく、安心な暮らしが出来るように、コルクマットによる、防音対策をご検討ください。

↓↓↓「やさしいコルクマット」の購入はこちら↓↓↓

コメント